スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面白かったら是非クリックを!!明日の励みになります!! ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」

ルート66

日本では既に死語となっているディスコだが、タイでは週末の若者の遊び場になっている。
私も数回ディスコなるものに行ったことがある。
最近、流行なのかどうかわからないが、お客さんがディスコに行きたがる。
どうもディスコでナンパに成功した話を聞いたかららしい。
お客さんの大きな間違えはディスコに行けば女の子が自分に群がってくると思っている所だ。
カラオケに慣れているお客さんは女の子が居るところはチヤホヤされると勘違いしている。
その現実を知らせる為にもディスコはいい所である。

先週もお客とディスコにいった。お客さんはもう50歳近くで、お世辞でもモテるタイプではない。
しかし、カラオケではそれなりにチヤホヤされているらしく、自分が行けば必ずモテると思っていたらしい。

そこで、ちょっと悪戯でRCAという所にあるルート66というディスコに連れていった。
行かれた方は判ると思うが、週末になると、若者が座る場所も無いくらいごったがえしている。
若い、かなり若い女の子が沢山いて、勿論玉石が混じっている。
それを見たお客はまず喜ぶ、次にふと気づく。
なんて話し掛けたらいいのだろう?
勿論私は女の子に話し掛けてあげない。
だって、そこまでお客に付き合う必要がないからだ。

取り合えずお客についてディスコ内をウロウロする。
ざっと2時間ウロツク。っでどうして良いか判らない。

私は心の中でおお客に話しかける。いくらタイでもこれが我々の現実ですよ。
一般の女の子を引っ掛けたいと思えば、それなりに覚悟が必要なのです。
話し掛ける勇気と、ある程度の語学力。それが無ければ一般の方々には我々は溶け込めないのです。

ディスコから帰る途中、お客さんから一言。
日本人の大多数はやっぱりどこか勘違いしているんだね。

自分が仕掛けた事ではあったが、そのお客さんの悲しい物言いに寂しさを感じた。
スポンサーサイト

テーマ : タイ - ジャンル : 海外情報

面白かったら是非クリックを!!明日の励みになります!! ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。