スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面白かったら是非クリックを!!明日の励みになります!! ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」

謎のディスコ BOSS 最終話

もう一人の駐在員は不細工ではない。可愛らしい顔立ちで、年上の女性にもてそうな感じの奴だ。
30歳のモデルにアタックできずにいると、全然関係のない数人の女の子がもう一人の駐在員にアタックを開始した。
私の方は25歳で一杯一杯なので、全然他の女の子が来ない。

するとなぜか、30歳の女の子がもう一人の駐在員にアタックをしている女達を追い払った。
そこから、神風が吹いた。30歳の子がもう一人の駐在員にくっつきはじめたのだ。
チャンス!!私は25歳の子に抱きついたり、腰を擦り付けたりして激しく踊る。
女の子もこれに答えてくれる。

数時間経ったであろうか?人の姿が疎らになってきた。
時計を見ると朝4時。疲れて一休みする。25歳の子と一緒に椅子に座り、手を繋ぐ。
暫くして、オデコとオデコをくっつける。キスのチャンス!!ぐっと唇を近づける。
すると拒否された。

通常だったら、ここで諦めるのだが、今回は諦めれなかった。
暫く間をおいて、もう一度トライ。また拒否。
仕方ないので、様子を見ることにする。

それから10分くらい経ったであろうか・・・。
駐在員と30歳の子がステージの方向をずっと見ている。
何か行われているらしい。

私は急いで、25歳の女の子の顎を掴みコチラを見させる。そして、軽いキス。
成功である!!すると今度は女の子の方からキス。
やった!!満足である。

暫くたって、店が閉店になる。時計を見ると、既に5時30分。帰らないと、ドライバーが来てしまう。
30歳の子ともう一人の駐在員が二人で店を先に出て行く。私達(私と25歳の子)二人で抱き合いもう一度キスをする。
舌は入れなかったが、お互い情熱が入ったキスができた。

ここで私は初めて女の子の電話番号を聞く。すんなり教えてくれた。
帰り際にまたいつか会おうと約束をして別れた。
現在はまだメールのやり取りだけだが、近々会って遊びに行くつもりだ。

関係が進展したら、またブログで報告をします。
本当に幸運でした・・・。
落ちが無くごめんなさい。
スポンサーサイト

テーマ : タイ - ジャンル : 海外情報

面白かったら是非クリックを!!明日の励みになります!! ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」

謎のディスコ BOSS 第2話

さて、タクシーの中で色々な会話をした。
まず聞かれたのは、何人かということだ。ちゃんと日本人だよと答える(ここでの会話はほぼ英語)。
仕事は?と聞かれたので、ちゃんと答える。そこで女の子達がタイ語で話し始める。
内容は「この人達怖い人じゃないよね」とか、「この人達明日休みかな?」とかである。

その程度のタイ語は喋れるので、会話に割り込む。すると、女の子達が驚く!!
「タイ語喋れるの?」←私好みの女の子からの質問。
「ほんのちょっとね」←私の回答。
そこから色々と話をする。彼女達の仕事を聞いてみた。

すると「ペンプリティーカー」という回答。
一瞬仕事を聞いたのに自分達は可愛いと言いたいの?と思ってしまった。
しかし、これは間違い。タイでプリティーと言えば、日本で言うイベントコンパニオンのことだ。
モーターショーや、レースクイーンみたいなどもやっているらしい。どうやら、どこかの事務所に所属し、専業でプリティーをやっているみたいだ。

彼女達の仕種や、喋り方、歩き方から立ち姿、全てカッコいい。
モデルさんと勘違いしたのも間違いではなかった。
この日は本当に幸運だと思った。(若干違うが)モデルさん達と仲良くなって、ディスコに誘われるなんて、日本では考えられない。

歳を聞くと、私の好みの女の子は25歳。もう一人は30歳だそうだ。二人ともそんな歳には全然みえない。
私の好みの子は、若いのは判るが、年齢不詳な感じだ。

さて、BOSSに到着した。入場料が一人300B(1ドリンクつき)。
とりあえず女の子の分もだしてやる。テーブル席に移動し、とりあえず落ち着く。
そこから私は排尿をしにトイレに移動する。

席に戻ると、何故か変なポジショニング。30歳の子が私の横にきており、25歳の子がもう一人の駐在員の隣にきている。
30歳の子からアタックが開始された。しかし、私は25歳の子の方が断然好み(30歳の子も普通のレベルよりはるかに美人)。
なにが何でもという気持ちで25歳の子の横にいく。そこから一緒に踊りだす。

25歳の子が腰を私に擦り付けてくる。しかし、股下の長さが全然違うので、私のお腹辺りにお尻がくる。
女の子もそれに気づいたのか、気を使ってくれ、少し屈んでくれた。愚息が女の子の尻にあたる。
勿論愚息は元気になる。女の子もそれに気づき、更に擦り付けてくる。

こちらも女の子の腰とお腹に腕を巻きつけ、応戦をする。
楽しい。こんな美人とこんな楽しい思いが出来るとは思わなかった。
暫く踊っていると、30歳が割り込んできた。もう一人の駐在員に30歳にアタックしろと目で合図する。
判ったという合図が返ってくるが、奥手な奴で中々アタックできない。

さて、どうするべきか・・・・。

つづく・・・

テーマ : タイ - ジャンル : 海外情報

面白かったら是非クリックを!!明日の励みになります!! ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」

謎のディスコ BOSS

最近タイに来た駐在員(23歳男!!)とRCAのドライビングレンジに行ってきた。
彼はタイに来て初めてクラブを握った位、初心者だ。色々教えて欲しいということだったので、アレヤコレヤ教えてやった。
その帰りである。彼が私に「今からどこか遊びに連れて行ってください」と言われる。

この時点で夜の11時。今からどこに遊びに行くよ!!と心の中で突っ込みながら、考える。
考えること10秒。サンティカに行くことに決定。サンティカに向う。
その日はイベントがあっており、平日にも拘らず、大変な盛り上がりようであった。

暫く駐在員と場の雰囲気を楽しんでいると、奥の部屋(この日初めて、VIPルームがあることを知った)からモデルの様なスタイルの良い美人形の女の子が二人出てきた。
一人はかなり好みである。身長が推定で175CM、スレンダーだが、胸は推定でB~Cカップ。年の頃は20台前半~中盤位の女の子。
もう一人は身長165CM位の美人系の女の子。この子もスレンダーだ(但し、胸はペッタンコ)。
私の好みは身長の高い方。かなり可愛い。きっとどこかのタイ人金持ちの宮様(ミヤノイ:愛人)だろう。着ている格好も金持ち風で、香水も本物の香水の臭いがする。
(タイでは香水も偽者あり、臭いが強烈なものが多い)

もしくは、タイ人の金持ちのお嬢様かだ・・。
しっかし、可愛い!!スタイルが良い!!今までの経験から言うと、声をかけても絶対に相手にしてもらえない。
なのでという訳ではないが、あえて今回はナンパはせずに、ディスコの雰囲気を楽しむことにした。

暫くすると、韓国人のおっちゃんが、マオマオ(酔い酔い)で近くに来た。なぜか私の横に来て踊り始める。
大体、こういう人は相手をして欲しいのだ。仕方ないので、一緒に踊ってやる(男同士でおどるのは気持ち悪いが・・・)
すると、おっちゃんが「ノヌン・ハングルサラミダ?」と聞いてくるので、「アニャ~、イルボンサラミダ」と返す。
(「あなたは韓国人ですか?」「いいえ違います。日本人です」)

昔取ったキヌガサじゃなかった杵柄、まだ若干の韓国語を覚えていた。
おっちゃんは私が同郷の人間と思って絡んできたみたいだが、そんな事はない!!
しかし、こういう縁も中々ないので、暫く一緒に踊り、飲み騒いだ。
すると、英語でおっちゃんが聞いてきた。「なんでガールフレンドがいないの?」

要らぬ世話である。丁重に今日はそんな気分ではないのでと言う。
すると何を勘違いしたか、私の横にいた、踊り狂っているタイ人女性の前に連れていかれ、乾杯するように言われる。
しょうがないので、チョンゲーオと言ってコップを差し出すと、女の子に白い目で見られる。
おっちゃんに、ダメだったよ!!という合図をするべく振り向くと、その場には居なかった。おっちゃんは逃げていた。

まぁおっちゃんを責めてもしかたない。またダラダラと踊りはじめる。
すると、先ほどのモデルクラスの女の子がファラン連れで私の真横の席に移動してきた。
それも私の好みの方の女の子がファランを連れている。
クソ!!男連れか!!落とせるとも思わなかったが、男連れの姿を見ると腹が立つ。

なるべくそちらの方を見ないようにし、ダラダラと踊った。
暫くすると、ファランが帰って行った。女の子二人はまだ踊っている。
踊っている姿も様になっている。女の子が踊っている横で私も踊っていると、肩が触れた。
お互い顔を見合わせどちらとも無く、一緒に踊り始める。

こんな幸運は中々ない。電話番号は無理にしても、とりあえずこの楽しい時間を堪能しよう!!と考えた。
この時点でもう1時近く。後数十分で店が閉まる。店が閉まるまで、一緒に踊った。
閉店間際、女の子から、次行くけど、一緒にくる?と聞かれる。

駐在員二人組みは二つ返事でOKする。
お互い車がないので、タクシーを利用して次のディスコまで行くことにする。
ディスコの名前はBOSS。場所は今一わからない。
さて、どのような所なんだろう?不安と期待を胸にBOSSへ移動を開始した。

つづく

テーマ : タイ - ジャンル : 海外情報

面白かったら是非クリックを!!明日の励みになります!! ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」

カラオケ ルル 続編:後編

部屋に入るなり、女の子からの猛烈なアタック。組み倒されて、ベッドの上。
コチラも負けずに女の子の服を脱がせる。
!!!毛が薄い!!!殆どパイパンではないか!!ビックリである。
21歳になったばかりの彼女の肌はモッチリしており、指に吸い付く感じである。

あそこを触ると、もう大洪水になっており、キャップを付け挿入準備をした。
挿入具合も良く、感度もメチャ良い。これはいじめ甲斐がある。体位を色々と変え楽しんでいると、イキナリ女の子から質問。
「なんでゴム持っているの?」
当然の質問である。まさか、ヤル気満々で事前に用意していたとも言えず、今日たまたま貰ったんだよ。と言い訳する。

そこから、女の子が色々と文句を言い始めた。
正直白けた。挿入した愚息をあそこから出し、キャップを外す。「もう止めた。帰る」と私が言うと、女の子が急に謝った。
「ごめんなさいそんな心算じゃなかったの。」正直気持ちは白けたが、体は白けていない。
ヤル気満々である。再度キャップを被せこし振り運動開始である。ガンガン腰を振る。
女の子は隣に聞こえるのが拙いのか、必死に声を押し殺す。これが私のSっ気に火をつけた。

何が何でも声を出させてやる!!自分の限界のスピードまで腰を振る。そして急にスローな動きになる。
挿入角度を変える、腰を振り子運動から、円運動に変える。あの手この手、自分の持つ最大級のテクニックを駆使し、責めあげる。
勿論20台前半のHの経験が少ない女の子に耐えられるはずがない。私がビックリするほどの大声を出す。
それだけならまだ良いのだが、背中に爪を立てられてしまった。血がにじみ出るほどの強さである。

男冥利に尽きると言う点では良かったのだが、家に帰って背中を見られれば、絶対嫁に殺される!!
途中から女の子の手を握り、背中への攻撃を防御する。しかし、数回目の女の子の絶頂時に私がスキを見せてしまい、ほぼ同じ所にまた爪を立てられてしまった。
かなり痛い。一瞬愚息が萎えた(様に思えただけ?)。

我慢に我慢を重ね、スタートから一時間後位に運動終了。二人ともクタクタである。
この時点でもう朝3時過ぎ。次の日は仕事である。とりあえず、朝5時までここで寝ることにする。
ベッドが変わると中々深い眠りにつけない。丁度朝5時に目が覚める。
お互いスッポンポンである(表現が古い?)。またムラムラしてしまった。
寝てる彼女を弄り、あそこを濡らし、再度挿入。なるべく早く逝けるように集中してHをする。
見事15分後に終了。そこからいそいそと着替え家に準備をする。
時計を見ると朝5時半である。マズイ・・・。

朝6時にはドライバーが私の家に迎えにくる。それまでに帰らないと・・・。
慌てて準備をし、女の子にバイバイする。女の子は半分寝ぼけているのか、ジュース買ってきて!!という依頼があったが、無視して帰る。
部屋から出るときに、守衛が居た!!しかし、守衛は慣れているのか、ニヤニヤしながら、「サワディーカップ」と挨拶をする。

何となく気になって、守衛に男はダメなんでしょう?と聞くと、ここに住んでいるファラン(女の子の隣の部屋)の所に行ったんでしょう?と聞かれる。
何故と聞くと、毎回違う男が1週間に1回くらい部屋に泊まって行くとのこと。
とりあえず、罪をファランに被せ、守衛さんに「コンファランはニーサンマイディーナー(白人は性格悪いね~)」と言って表通りに行った。

帰ると、とりあえず家族は全員爆睡!!シャワーだけ浴び、仕事の準備をする。家族が起きる前に出発し、とりあえず現時点まで事無きを得ている。

テーマ : タイ - ジャンル : 海外情報

面白かったら是非クリックを!!明日の励みになります!! ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」

カラオケ ルル 続編 前編

以前カラオケ ルルの女の子を落としたいという内容をブログに書いたが、漸く落とせた!!
連れ出し不可、お金にはなびかない(私はお金もちではないですが・・)、恋人募集中の女の子だ。

落とした日の数日前、女の子からイキナリ電話があった。
「今何処?」
その時点ではルルには暫く行っていなかった。正直ルルは他の店と比べて若干高いし、行くと帰りが遅くなるからだ。
そこでイキナリの電話。それも何故か場所を確認するための電話。
私は正直に「タニア」と回答する。

すると、怒った口調で「なんで??」と聞いてくるので、
「別に君に何処に行くって言う必要はないでしょう?まだ何もしていないのに!!」
と返す。

すると、突然電話を切られた。
その直ぐ後に、「今度ルルに来たら一緒に私(女の子)の家に来て」という内容のメールが来た。

正直気分は??だった。
そこで、数日後、ルルに出動。
女の子に会う。12時閉店なので、12時までいたが、ママさんが、お金は取らないから、後一時間いてくれる?
と聞いてきた。断る理由もないので、午前1時まで店にいた。
その日はVIPルームには入らなかったのだが、最後の一時間はVIPルームを用意してくれた。

未だになぜそういう待遇なのかはわからないが、有難く1時間無料で飲ませてもらった。
さて、1時になると、女の子が私服に着替えやってきた。
一緒にタクシーに乗り、女の子の家に行った。

この子のアパートは男子禁制で、本当は男は入ってはいけない仕組みになっているのだが、守衛さんがいなかった為、こっそりと部屋に入れてもらった。
部屋に入ると、思ったより綺麗に整理整頓してあり、居心地が良かった。
クーラーも付いており、快適な部屋だった。

つづく・・・・

テーマ : タイ - ジャンル : 海外情報

面白かったら是非クリックを!!明日の励みになります!! ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」

イーサンディスコ

先日会社の友人とある居酒屋に行った。そこで可愛い(歳は取っているが)女の子がいたので、遊びに誘った。
居酒屋の名前はあえて伏せるが、中々可愛い子がいる居酒屋でいつも楽しく飲んでいる。
その日もカラオケには行かず、夜の10時位に居酒屋に入り閉店まで二人で飲んでいた。

女の子に声をかけたのも、断られること前提で声をかけた。云わば一種の遊びである。
声をかけて、嵌れば良し、嵌らなければそれでも良しという感じだ。
その時は運が良かったのか、スンナリOKを貰い、12時に店が掃けてから遊びに行った。

会社の友達は、タイに来てまだ3ヶ月位で何を見ても楽しい、何を聞いても楽しいという感じ。
女の子もそれを承知しており、それではという事で、イーサンのディスコに行った。
以前このブログでも少し書いたことがあったが、本当にイーサンの音楽をライブ演奏し、皆その曲に乗せて踊る歌うという感じ。
i-san


ディスコと言うのも憚られる位のイモくさい飲み屋だ。ただホールは広く、それなりにお客も入っている。
その日も多分200人位はお客がいたと思う。
そのに私と会社の友達と、居酒屋の女の子2人で遊びに行った。

私も友達も狙っているのは一人。ちょっと歳をとっていて、ムッチリな女の子をいかに落とそうかと考えている。
初めは友達は全然好みでは無いと言っていたが、酒の量に反比例して、スケベになっていく。まぁ普通の人だ。
そうすると必然的に、可愛い方に心が傾く。競争率が高くなる。

しかし、この時は、既に女の子を友達に渡すことが私の中の決定事項となっていた。
私の方が若いし、営業なので、口も起つ。タイ語も喋れる。ちょっと位、友達に花を持たせても、別に良い。
多少上から目線の話し方だが、友達よりタイに長くいる自分としては、どうしてもこうなってしまう。

まぁそれはそれとして、このイーサンディスコ見ていると面白い。
オカマも多いし、踊りもディスコの踊りではなく、タイの伝統舞踊のような踊り方をしている。
値段も安いし、客の乗りも全然普通のディスコとは違う臭いがする。

大分昔からあるような雰囲気の店である。
きっと昔は、バンコクに出稼ぎに来ていたイーサン地方の若者が、ストレスを発散させる為の場所だったんだろう。

まだいかれた事が無い方は、一度行ってみては如何だろうか?

テーマ : タイ - ジャンル : 海外情報

面白かったら是非クリックを!!明日の励みになります!! ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」

カモ

日本人の観光客は、タイ人の良いカモである。
タイ人女性は日本人からある意味カモにされている。
日本人でタイに長く住んでいる人は日本人観光客(女性)からカモにされる。

イキナリなにを書いているのだろうと思われる方も多いと思いますが、実はタイでの日本人に関係するサイクルなのです。

一時期、私も日本人観光客と懇ろになろうと思い、色々と考えていた時期がありました。
日本人観光客(特に女性)は、海外に来ると結構オープンになり、ひと時のアバンギャルドを楽しみ日本に帰る方が結構いらっしゃいます。
私は実はタイ以外の海外で生活をしたことがあり、その中で、日本人の女性は海外に旅行にくるとオープンになると思っていました。

これは半分正解で半分間違いということを最近しった。
最近私の会社に来ている、日本からの出張者からこんな事を聞いた。
タイで困ったことがあれば、その辺の日本人男性(駐在員と思われる)に聞けという鉄則があるそうです。

なぜ?それは簡単!!日本人の駐在員は馬鹿だからだ。
タイにいる間はタイ人としか仲良くなれない。間違えても駐在の奥さんや、独身の日本人からは相手にされない。
日本でモテている日本人は別として、当たり前のことである。過半数の駐在員はこの通りだと思われる。

そこに日本から来た観光客が黄色い声で助けを求めてきたら、やるやらないは別として、助けてやるだろう。
自然の摂理である。もし助けてやらない日本人がいたら、よっぽどの日本人嫌いだと思う。
多分私にしても、観光客が美しい女性でなくとも、男であっても、大小はあると思われるが、きっと助けてやる。

海外で辛い思いをしていると思うと、普通の日本人なら、同郷の者を助けてやるはずだ。
しかし、観光客女性はその日本人達をカモにしている輩もいる。
観光客が困った時、とりあえず駐在員を探すらしい。そこでなるべく年上の駐在員を選び、話しかける。

「あのー・・日本人の方ですよね~。もし宜しければ助けて頂けませんか?」
こういった感じで話しかける。そこで、相手に良い印象を持たせ、行きたい場所等を聞く。
場所を教えてもらった後、「もしお時間があれば、近くまでで良いので、一緒に行って頂けませんか?」

こうくると、時間があれば「はい!!」と言ってしまうのが、日本人男性だろう。
そこでタカラレルのも日本人男性だ。下心半分、親切心半分で、いつもより奮発して美味しいレストランに食べに行く。
そして、何もなく、いい思い出のみで終わってしまう。お互いそれで幸せなら問題がないが、男性陣は少なからずの出費と後悔の念を胸に残し去っていった女性を見送ることになる。

男の悲しい習性を利用したタイにいる日本人男性にはショッキング話だ。

皆さんも甘い話には気をつけて欲しい・・・・。

テーマ : タイ - ジャンル : 海外情報

面白かったら是非クリックを!!明日の励みになります!! ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」

3G携帯購入

先日日本に一時帰国することが決まり、3G携帯(日本でも使える携帯)を購入した。
3G携帯をタイで買う場合、結構な値段がする。
今型落ちの新品を購入しても6000B以上はする。

そこに4000B弱で購入できる携帯が発売された。
私が購入した場所はエンポリの5F。携帯を買う場所としては高い所だ。
しかし、それでも3790Bという安さ。

モデルは今年発売のモデル。
決して古いモデルではない。

勿論機種はNOKIAではない。LGである。KU380という機種。
スライド式携帯で、中々可愛い。
エンポリの定員曰く、今タイにいる日本人に一番売れている機種らしい。
まぁ当たり前といえば当たり前だ。
LG

LGの回し者ではないが、NOKIAみたいに携帯の表示画面のアイコンが古めかしいわけでもないし、触り心地も悪くない。
なぜこんなに安いのだろう。カメラ自体は1.3Mピクセルとショボイがこれが安さの原因とも思えない。
安い理由として考えられるのは、特徴がない携帯だからということだと思われる。

普通の機能しか付いていない、見た目も奇抜さは無い。
音楽や画像にこだわっている感じもないし、本当に普通の携帯である。おじさん達には十分すぎる機能である。

今自分が持っているLENOVOの携帯にもう一つSIMを入れて、こちらを遊び用携帯にするつもり。
仕事用携帯には今後お姉ちゃんの番号は入れない予定。
とりあえず、バッグの中に入れっぱなしアンド、必要な時にしか使わないことにする。

この携帯、タイ人にも可愛いと評判が良い。
最近タイ人の中でもLGやサムソンの携帯が見直されている。
これで、日本語が使えれば、本当に良い携帯になるのだが・・・・。

テーマ : タイ - ジャンル : 海外情報

面白かったら是非クリックを!!明日の励みになります!! ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」

シーザーでアレキ 番外編

シーザーでアレキ遊びをやった後、お客さんと日本の営業マンをホテルに送って行った。
その直後電話が鳴った。私の遊び友達のお客さんだ。
不思議に思い電話を取ると、今サンティカにいるんだけど、来る?とのお誘い。

行きたくない。お客でなければ絶対に行かない。
しかし仕方ないので、お付き合いをする。

サンティカに到着し、合流する。
すると、SHE2のチーママとSHE2のお姉ちゃん2人がいた。その横に何故かゲーの兄ちゃんと韓国人の兄ちゃんが居た。
(韓国人と判明したのは、暫くして)
合計7人でウダウダと踊り飲んでいた。

私は抜いたばかり。それもアレキで遊んだ後なので、全然女には興味がなく、只ひたすらにDJの音楽に合わせ踊っていた。
組み合わせ的にはお客さんとSHE2の女の子1人。ゲイともう一人の女の子。韓国人とチーママ。後私一人である。
ハッキリ言って面白くともなんともない。しかし、たまには一人でディスコで踊るのも良いかぁな?と思いながら踊っていた。

すると、ゲイと踊っていたお姉ちゃんが、私と一緒に踊りたいと言ってきた。
正直どうでも良かったが、良いですよと笑顔で答える。
暫くして、店が閉店となり、帰る雰囲気になった。

私はそそくさと、タクシーを捜していたが、お客さんが、家まで乗せて行ってくれるというので、お客さんの車を待つ。
その時である。さっき一緒に踊っていた女の子が小走りに私の元に駆け寄り、電話番号を聞いてきた。
電話番号くらいならと思い、電話番号を教える。すると、どこから取り出したのか判らないが、黄色いバラの花1輪を私に渡す。

これからも仲良くしてくださいとのこと。初対面の女の子にバラの花を貰うのは初めてである。
ありがたく受け取る。すると、チーママが私の所に来、この子(バラをくれた子)は私の妹分なので、大事にしてやってくれ。
本当は私があなたに目をつけてたけど、この子の為だったら諦めるというコメントを頂く。

アレキ遊びをした私には全然どうでも良い言葉だ。それよりも帰って体を労わりたい。
今考えると勿体無い話である。普通に何もせずこんなにモテル事は無い!!
きっと、アレキで肉欲が抜け、私の目が聖人君子のような目をしていたせいではないかと思う。

ギラついていると、モテナイ。女がいらない時はモテル。世の中はどうしてこう不平等に出来ているだろうか!!

テーマ : タイ - ジャンル : 海外情報

面白かったら是非クリックを!!明日の励みになります!! ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」

シーザーでアレキ 3回目

前回の続きです。1回目から読んでください。

フェラをされている最中ひまなので、他の連中を見る。他の連中も王様気分である。
お互いしゃぶられているのを気にせず、世間話をする。
変に気分が高揚する。

15分くらいしゃぶられただろうか・・・。気づけば日本の営業マンの姿が見えない。
いつの間にか部屋に行ってしけ込んでいる。
そこで私も日本のお客さんにお先に~と声をかえて、部屋に移動。

いつの間にか給仕の姿も見えない。
動きやすくなる。女の子と素っ裸で部屋へ移動。部屋に入り次第またお風呂である。
ジャグジーの泡を風呂で流す為である。

そして本番。女の子はさっきまでフェラサービスをしてくれていたのに、更にフェラサービスである。
天国天国!!
フェラが終わった後、女性上位で結合スタート。金額が高いだけある。全然絞まりが良い。
プロとは思えない絞まり具合である。
(ある意味本当にプロで絞まりが調整できるのかも・・・)

キスも勿論ディープである。お互い獣になり、攻め合う。私が攻めたら、女の子が攻める。
女の子が攻めたら、私が攻める。素晴らしい技の見応酬!!
体だけではなく心まで気持ちい(言いすぎ)。

女の子も逝きそうだが、私も逝きそう。何故かお互い我慢をする。
まるで素人の女の子としているみたいに中は濡れ濡れ、それでいて絞まり私の愚息を締め付ける。
ここで私が最終の攻撃に出た!!正常位になり、ガンガンと腰を振る。

グチュグチュと淫猥な音とパンパンと腰と腰がぶつかる音が部屋をこだまする。
女の子ももう我慢できないと言った感じで大きな声を上げてきた。
っあ。セットレーオナカップ(終わってしまいました)。私の方が全然我慢できず、先に終了!!

女の子は逝く寸前だったのか、逝った後でも腰を動かす。しかし諦めたようで、腰を動かすのを止める。
しかし、ここでマジ切れ。何で我慢できないのよーとなじられる。
君だって我慢してたジャン!!といい返すと、ちょっと不服ながらも私への言葉の刃の切っ先を収める。

フー。

とりあえず終了。
部屋の外に出ると、誰も出てきていない。
皆お楽しみの様子。まだまだ愚息は元気なので、乱入をするべく各部屋のドアノブを回す。
クソ!!ロックしてある。仕方ないので、ノックする。しかし反応なし。
数分後残りの2人が部屋から出てくる。大満足のようだ。
特に日本からのお客さんは満足気だ。

一応「どうでした?」と聞くと、本番に到達する前に終わったといわれた。
意味がわからず、聞き返すとケツの穴で逝かされたとのこと。
それはそれで良かったですね~。
お客さんもそれはそれで良かったよと回答する。

今度はこのお客さんがつけた女の子を指名するぞ!!と心に堅く誓った。

テーマ : タイ - ジャンル : 海外情報

面白かったら是非クリックを!!明日の励みになります!! ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ


タイ・バンコク夜遊び完全攻略情報検索サイト「たいなび」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。